『BBC』は8日、「リヴァプールはフラムのMFハーヴェイ・エリオットを獲得しようとしている」と報じた。

ハーヴェイ・エリオットは今年16歳と30日でプレミアリーグにデビューし、最年少記録を更新したヤングスター。

来年の4月に迎える17歳の誕生日までプロ契約を結ぶことはできないものの、フラムでの奨学金を拒否してリヴァプールに移る可能性は高まっているという。

プロではないため移籍金は発生しないものの、若い選手を取引した際は補償金を支払う義務があるため、クラブ間での交渉が必要となる。

リヴァプールは今夏すでに17歳のオランダ人DFセップ・ファン・デン・ベルフをズウォレから獲得しており、移籍金は130万ポンド(およそ1.9億円)+最大310万ポンド(およそ4.5億円)のボーナスとなった。

【関連記事】今季のプレミアリーグ「若手ベストイレブン」になるべき11名

もしエリオットが加入することになれば、リヴァプールは世界が注目するヤングスターを2名引き入れることになる。