先日決勝戦が行なわれ、地元ブラジルが優勝を果たしたコパ・アメリカ2019。

12チームが参加し、日本代表も招待国として戦ったこの大会。それぞれのチームに支払われる賞金はこんな額だそうだ。

ブラジル(1位):1150万ドル(およそ12.5億円)

ペルー(2位):900万ドル(およそ9.8億円)

アルゼンチン(3位):800万ドル(およそ8.7億円)

チリ(4位):700万ドル(およそ7.6億円)

コロンビア、ウルグアイ、パラグアイ、ベネズエラ(5~8位):600万ドル(およそ6.5億円)

ボリビア、エクアドル(GS敗退):400万ドル(およそ4.3億円)

日本、カタール(招待国):125万ドル(およそ1.4億円)

南米の国については参加するだけで400万ドル、それに加えて順位に応じたボーナスが追加される形になっている。優勝したブラジルは12億5000万円を受け取るそう。

【関連記事】 日本代表、コパ・アメリカの“ガチバトル”で評価を「爆上げ」した5名

そして今回は日本とカタールであった招待国についてはおよそ1億4000万円の謝礼が支払われるとのこと。