遂に迎えたコパ・アメリカ決勝。ブラジルはペルーを3-1で撃破し、地元で9度目となる優勝を飾った。

ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスは1ゴール1アシストの活躍だったのだが、後半25分に2枚目のイエローカードで退場。

微妙なジャッジだっただけに、感情を抑えきれずにロッカーに下がった後は号泣していた。

また、ピッチから去る際には、主審がVARを確認するモニターが置かれたボックスを突き飛ばすなど大荒れ!

完全にキレてる…。

退場でキレるジェズス

【関連記事】これがブラジル代表の練習!ネイマールとジェズスはやっぱすげぇや

なお、このシーンで主審がVARを確認することはなかった。