コパ・アメリカで日本代表とも戦ったウルグアイ代表。

チリとの第3戦には1-0で勝利し、グループステージ首位で決勝トーナメント行きを決めた。エディンソン・カバーニが決めた決勝点は圧巻!(動画2分3秒~)。

この首の振りよ!

32歳になったカバーニはPSGとの契約が2020年6月末まで。そのため今夏での売却も噂されているが、本人は残留を希望していると明言した。

『beIN SPORTS』のインタビューに優しい声でこう答えたのだ。

エディンソン・カバーニ(ウルグアイ代表FW)

「ジャーナリストやクラブにも話したよ。PSGにいることに誇りを持っていると言うためにね。

自分はここでの契約を完了させたい。来シーズン、自分はこのチームといたい」

契約満了までパリに残留したいと口にしたカバーニ。

【関連記事】「PSG、この夏に現金化しうる4人のビッグネーム」

ネイマールにはバルセロナ復帰の噂があるが、彼は残ることになるのだろうか。