日本代表も招待されているコパ・アメリカが開幕を迎えた。

グループBではリオネル・メッシ擁するアルゼンチン代表がコロンビアとの初戦に0-2で敗れてしまった。アルゼンチンがコパ初戦に負けるのは1979年大会以来40年ぶりのことだそう。

後半36分と41分に奪われたゴールはいずれも完全にやられた形だった。

これは厳しい…。『TYC Sports』によれば、失意の初戦を終えたメッシはこう述べていたという。

リオネル・メッシ

「ポジティブになって、(下を向かずに)頭を上げ続けなくてはいけないよ。

これは始まりにすぎないし、まだ試合は残っている。

こういう始まりにはなりたくなかったが、まだまだチャンスはある。

後悔はできない。この敗戦を受け入れて消化するのは難しいだろう。

でも、(次のパラグアイ戦が行われる)ベロ・オリゾンテで何が起きるのかを考えなくてはいけない」

【関連記事】メッシ、パサーとしても神!一発で分かる動画がこれ

20日に行われるパラグアイ戦は絶対に落とせない戦いになる。