日本代表も招待国として参加するコパ・アメリカの開幕が近付いている。

優勝候補の一角であるアルゼンチン代表は7日、CONCACAFゴールドカップを控える中米のニカラグア代表と親善試合を行い5-1で大勝した。

この試合には今年3月に代表復帰したリオネル・メッシも先発出場。2ゴールを記録して勝利の立役者となったが、先制ゴールとなった1点目は“極上”だったぞ(動画1分14秒から)。

得意のエリアからドリブルで1、2、3人を翻弄!実況が名前を連呼するなか、最後はGKを嘲笑うかのように進行方向と逆の右サイドへシュートを流し込んだ。

3月の復帰戦はいきなりベネズエラ代表に大金星を献上するという苦々しいものとなったが、今季はバルセロナで全盛期を彷彿とさせるような活躍を見せたメッシ。

かつての盟友ネイマールが欠場することになったコパ・アメリカで、今度こそ主役となることができるだろうか。

【関連記事】「ドリブル捨てた」ロナウド、DFを子供扱いにした突破がこれ

アルゼンチン代表は15日にコロンビア代表とのグループステージ初戦を迎え、19日にパラグアイ代表、23日にカタール代表と対戦する予定となっている。