12日にスウォンジー・シティからマンチェスター・ユナイテッドに移籍することが決まったウェールズ代表FWダニエル・ジェームズ。

昨季2部リーグで初めてシーズンを通してレギュラーを掴んだという新星アタッカーは、実質的なキャリアがわずか1年という早さでビッグクラブへの道を切り開いた。

その代名詞は圧倒的なスピード。170cmという小柄な体格ながら、ウサイン・ボルトやロナウドにも例えられる快速を持つ。

ダニエル・ジェームズが大きな話題を集めたのは、今年2月17日に行なわれたFAカップのブレントフォード戦でゴールを決めた時だ。

自陣でボールを持ったジェームズは、大きく蹴り出してのダッシュで一気にディフェンダーを置き去りにし…見事にGKとの一対一を制した。

【関連記事】マンチェスター・U、夏に獲得すべき5人の実力者

取引額は1800万ポンド(およそ26.2億円)という価格になったという。2部で1年しか実績がない選手には破格といえる評価であり、ユナイテッドでもこのようなプレーが求められるはずだ。