プレミアリーグで6位に終わったマンチェスター・ユナイテッド。今季で退団する選手も多く、夏にはスカッドの改革が行われる見込みだ。

補強ポイントのひとつは、アントニオ・バレンシアが去る右サイドバックだろう。ここでは、『sportskeeda』による「ユナイテッドが獲得を考えるべきRBたち」を見てみよう。

トマ・ムニエ(PSG)

トマ・ムニエ

2016年にパリ入りしたベルギー代表。加入以降、一貫性あるプレーを披露しており、今季もステディだった。

ただ、今季限りでの退団が噂されており、ユナイテッドとアーセナルが移籍先に挙げられている。

スールシャール監督にとって彼はいいオプションになるだろう。トップレベルでの経験を持ち、ユナイテッドで成功するための特徴を兼ね備えている。ボール扱いは非常に冷静で、鋭いクロスは今のチームがひどく必要としているものだ。

ムニエがユナイテッドファンであることは公然の事実だが…。