『L'Equipe』は7日「パリ・サンジェルマンは、ブラジル代表FWネイマールの怪我を72時間以内に評価する予定だ」と報じた。

コパ・アメリカに向けた代表チームに招集されていたネイマールであるが、準備試合として行なわれたカタール戦で右足を負傷した。

予備的な検査によってすでに靭帯の損傷が認められており、コパ・アメリカの出場は不可能と判断されている。

これは痛々しい…。ネイマールは目に涙を浮かべながらの退場となった。

そして今回パリ・サンジェルマンは「ネイマールの怪我は今後72時間以内にクラブのドクターによって再評価される」と発表。治療に関するアプローチを決めるため、詳細な検査を行う予定だそう。

記事によれば、今のところ予想される離脱期間は最大で6週間となるものの、重傷であった場合は4ヶ月まで伸びる可能性があるとのこと。

【関連記事】今季最高の「FWトリオ」ランキング、TOP10

今季は後半戦で怪我に苦しめられたネイマール。さらに来季の序盤まで欠場することにならなければよいが…。