欧州強豪による激闘の末、トッテナムとリヴァプールが勝ち残った2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ。

現地時間6月1日に行われる注目の決勝を前に、過去の決勝戦で使用されたユニフォームを振り返っていきたい。

今回は、2016-17シーズンの決勝、ユヴェントス対レアル・マドリーをお届け。

ユヴェントス(adidas)×レアル・マドリー(adidas)

2016-17 CL決勝 ユヴェントス vs レアル・マドリー
2016-17 CL決勝 ユヴェントス vs レアル・マドリー
2016-17 CL決勝 ユヴェントス vs レアル・マドリー

ユヴェントスは16-17ホームキットを着用。初めてadidasのユニフォームで決勝の舞台に立った。前シーズンにリーグとコッパ・リタリアを優勝したため、胸にはそれぞれの優勝を示すパッチが付いている。17-18シーズンからエンブレムのデザインを変更したため、旧エンブレムを装着した最後のユニフォームとなった。

レアル・マドリーは紫を基調とした16-17アウェイキットで試合に臨んだ。決勝の舞台でアウェイキットの着用はかなり珍しい。2016年のFIFAクラブワールドカップを優勝したため、胸にはチャンピオンのワッペンが付く。

2016-17 UEFAチャンピオンズリーグ決勝

2017年6月3日

ユヴェントス 1-4 レアル・マドリー
@ナショナルスタジアム・オブ・ウェールズ

ロナウド(20分/レ)

マンジュキッチ(27分/ユ)

カゼミロ(61分/レ)

ロナウド(64分/レ)

ロナウド(90分/レ)