先週末にユヴェントスの本拠地アリアンツ・スタジアムで行なわれたイベント「Partita Del Cuore」。

日本語に直せば「心の試合」と第されたこの試合は、がん研究を促進するピエモンテ財団、テレトン財団への資金提供を目的としたチャリティーマッチだ。

サッカー選手だけではなく、F1ドライバーのセバスティアン・ベッテルらも参加して盛大に開催された。

そして、この試合に出場したクリスティアーノ・ロナウドのプレーも大きな話題に。アンドレア・ピルロから送られた柔らかいパスを…。

シュート自体は枠を外れたが、グリーンのユニフォームを身に着けていることもあって、かつてユヴェントスを相手に決めたオーバーヘッドキックを思い出してしまうぞ。

この試合を終えたロナウドは、これからポルトガル代表チームに合流してUEFAネーションズリーグ・ファイナルズのスイス戦に挑む。

【関連記事】ロナウドはいかにスゴいのか。身近な者による「17の名言」

これまで数々のタイトルを獲得してきたロナウド、昨年創設された新しいコンペティションでも初代王者となれるか?