欧州強豪による激闘の末、トッテナムとリヴァプールが勝ち残った2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ。

現地時間6月1日に行われる注目の決勝を前に、過去の決勝戦で使用されたユニフォームを振り返っていきたい。

今回は、2014-15シーズンの決勝、ユヴェントス対バルセロナをお届け。

ユヴェントス(Nike)×バルセロナ(Nike)

2014-15 CL決勝 ユヴェントス vs バルセロナ
2014-15 CL決勝 ユヴェントス vs バルセロナ
2014-15 CL決勝 ユヴェントス vs バルセロナ

ユヴェントスは14-15ホームキットを着用。襟付きでシンプルなストライプがユヴェントスらしいデザインだ。翌シーズンからadidasとのパートナーシップがスタート。このCL決勝がNike製のキットを着用した最後の試合となった。

優勝したバルセロナも14-15ホームキットを着用。胸元のV字の切れ込みには、カタルーニャ旗(サニェーラ)の色を配する。色のバランスが良いデザインで、ファンの評判も上々だった。ちなみに翌シーズンはボーダー柄を採用し、ファンを驚かせることとなる。

2014-15 UEFAチャンピオンズリーグ決勝

2015年6月6日

ユヴェントス 1-3 バルセロナ
@ベルリン・オリンピアシュタディオン

ラキティッチ(4分/バ)

モラタ(55分/ユ)

スアレス(68分/バ)

ネイマール(93分/バ)