『FOX』は30日、「中国のユーストーナメントで、韓国のチームがトロフィーを踏みつけるパフォーマンスをした」と報じた。

当該の大会はパンダ・カップ2019と第されたもので、5月25日から29日にかけて成都で開催された。

出場したのは韓国、タイ、ニュージーランド、そして中国のU-18チーム。優勝を果たしたのは韓国U-18代表だった。

しかしそのセレモニーにおいて授与されたトロフィーを、韓国代表の一人が足で踏みつけるようなパフォーマンスをしたことで大きな話題に。

この行為に対して成都サッカー協会は「侮辱的なものだ」として韓国に謝罪を要求するとともに、大会への招待を今後行なわないことを通告したそう。

韓国のコーチングスタッフや選手たちは、その日のうちにホテルで謝罪会見を開くことになったとのこと。優勝者としての権利を剥奪されたという報道もある。

【関連記事】ファルカオ、韓国戦で怒りのブン投げ!何があった?

また、レポートによれば記者の一人が「韓国はカップの中に小便をするような真似をしていた」と証言しているそうで、中国サッカー協会も韓国に抗議を行っているようだ。