先日、日本代表に0-1で勝利したコロンビア。26日にソウルで韓国と対戦したのだが、1-2で敗れた。

この試合ではラダメル・ファルカオの行為が物議を醸しているようだ。

この日は後半16分に投入されたファルカオ。問題の場面は、コロンビアが攻め込んだ後半43分に起きた。

ゴール前でファルカオと接触したDFホン・チョルが倒れ込むと、手当てのためにドクターが駆けつけた。

その直後、ファルカオはピッチ内に置かれていた救急箱?クーラーボックス?をピッチ外へと放り投げたのだ。

この行為を見た主審はファルカオにイエローカードを提示。ファルカオとしては、負けていただけに試合を早く再開してくれということだったのだろうが。

【関連記事】 マルディーニ「日韓W杯の韓国戦をやり直したい」…あの主審にブチ切れ

この振る舞いについて韓国では「サッカー場でボウリングをしてはいけない」などマナー違反だと指摘されているようだ。