30日、欧州サッカー連盟(UEFA)は今季のヨーロッパリーグにおける優秀選手18名を発表した。

アイントラハト・フランクフルトからはケヴィン・トラップ、長谷部誠、フィリップ・コスティッチ、ダニー・ダ・コスタ、そしてルカ・ヨヴィッチの5名が選出された。

それを受けてか、フランクフルトはセキュリティソフト「Kaspersky」とのコラボレートで、4月の最優秀ディフェンスTOP3を選出した。

長谷部がゴールラインギリギリで防いだ2つがランクイン!30代中盤になってなお安定感を増している彼の危機管理の鋭さたるや…。

【関連記事】日本人選手がやった「海外でのスゴい偉業」まとめ

今夏はフランクフルトから多くの選手が買われていくのではないかと言われているが、来季も長谷部は中心的な存在になって活躍してくれそうだ。