『The SUN』は26日、「ダビド・シルバは今季限りでカタールへ移籍する可能性が高くなっている」と報じた。

33歳になったダビド・シルバは、今季限りでマンチェスター・シティを退団する可能性が高まっている。

先日は「ヴィッセル神戸への移籍を考えている」と伝えられていたが、カタールのあるクラブから手取り年俸600万ポンド(およそ8.73億円)という大型オファーを受けており、それを検討しているそうだ。

これは実質マンチェスター・シティで受け取っている給与の2倍に当たるとのこと。

レポートによれば「ダビド・シルバが退団することになればショックだろう。しかし現時点で彼は残留よりも退団の可能性が高い」とシティの関係者が話しているそうだ。

【関連記事】天才ダビド・シルバの代役になりうる3人のスーパーMF

なお、マンチェスター・シティはダビド・シルバの退団に備え、モナコからレスター・シティに貸し出しているベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスの獲得を考えているそうだ。

その際にかかる移籍金はおよそ4000万ポンド(およそ58.21億円)になるとのことだ。競合しているのはアーセナルやトッテナムである。