アメリカ・メジャーリーグサッカーのFCシンシナティは、「アラン・コッホ監督を解任し、ヘッドコーチのヨアン・ダメ氏が昇格した」と公式発表した。

今年からメジャーリーグサッカーに参入したFCシンシナティ。南アフリカ出身の指導者アラン・コッホ監督に率いられていたものの、今季開幕から2勝2分け7敗と苦戦を続けていた。

その結果を受けてクラブはコッホ氏を解任、ヘッドコーチを務めてきたフランス人のヨアン・ダメ氏を暫定的に昇格させた。

ヨアン・ダメ氏はフランス生まれの指導者で、大学でもスポーツ研究をしただけでサッカーをやっていなかったという珍しい人物。16歳でコーチを志した後、ブルゴーニュ大学でスポーツトレーニングを学び、ディジョンなどのクラブで少年チームを指導し、2014年にカナダへと渡った。

モントリオール・インパクトのU-18を率いた後、2017年に27歳でFCシンシナティのコーチングスタッフとなった。今年MLSに参入したことで、彼はリーグの歴史上最年少のコーチとなっている。

そして今回コッホ氏の解任によって監督に昇格することになり、MLSの歴史上でも最年少のヘッドコーチとなったのだ。なお、MLSで全く選手経験がないコーチも2名しかいないという。

【関連記事】今、世界の若手監督がすごい!「新進気鋭の指導者」10名

このところ、スペインやポルトガル、ドイツなどで選手としてプレーしたことのない監督が評価を高めている。ヨアン・ダメは「コーチングのプロ」としてチームを立て直すことができるだろうか?