佳境を迎えているプレミアリーグ。残留を懸けた争いも熾烈になってきた。

第34節ではバーンリーがカーディフを2-0で撃破して大きな勝点3を手にしている。

 

この試合ではこんなシーンも話題に。

カーディフDFジョー・ベネットに倒されたバーンリーFWアシュリー・バーンズ。

いがみ合いになった2人は顔が急接近…すると、バーンズは相手の顔に2度もキスをしたのだ…。まるでダチョウ倶楽部のアレみたい?

このシーンについては、あのギャリー・リネカーもこうツイートしていた。

ギャリー・リネカー

「ベネットと顔を突き合わせた後、バーンズはイエローカードを貰った。

バーンズはベネットの鼻にキスをした、1度ならず2度も。

イエローを2枚貰わなかったのはラッキーだったかもしれない」

なお、マイク・ディーン主審はベネットにもイエローカードを提示している。