『Sportskeeda』は10日、「レアル・マドリーがジョゼ・モウリーニョを復帰させるべきではない5つの理由」という記事を掲載した。

先日行われたUEFAチャンピオンズリーグ・ベスト16の2ndレグでアヤックスに大敗し、早くも大会を去ることになったレアル・マドリー。

今季途中にフレン・ロペテギ前監督の後を継ぐ形で就任したサンティアゴ・ソラーリ氏の評価も急落しており、今月中にも解任されるのではないかと伝えられている。

しかも、その後任としてフロレンティーノ・ペレス会長が考えているのは、かつて指揮官を務めていたジョゼ・モウリーニョを呼び戻すというプランなのだとか…。

しかしそれを絶対にやめるべき5つの理由があるというが、それは何なのか?

モウリーニョとレアル・マドリーの選手との関係

レアル・マドリーとモウリーニョの関係が壊れたのはそれほど昔の話ではない。何名かのキープレーヤーとも快適なエンディングを迎えたわけではない。

モウリーニョは選手たちから最大限の敬意を求めようとする監督である。それは彼の監督としてのキャリアで初期にはうまく行っていた。

ジョゼ・モウリーニョ セルヒオ・ラモス

しかしセルヒオ・ラモスやイケル・カシージャス、クリスティアーノ・ロナウドら著名な選手と衝突したマドリー時代に欠点として噴出した。

マルセロは彼らほど激しい対立はしていないが、クリスティアーノ・ロナウドと親密な仲であり、モウリーニョにはそれほどいい印象を抱いていないと言われる。

サッカーにおいて選手との関係は非常に重要だ。特に寄せ集め状態にならざるを得ない近年のビッグクラブでは。憎しみを持つ選手がまだいるにもかかわらず、モウリーニョを呼ぶ必要はない。