エヴァートンとマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元イングランド代表ウェイン・ルーニーは昨年からMLSのDCユナイテッドでプレーしている。

そのルーニーがMLSのシーズン開幕を前に16歳の少女をチームに招待して素敵なサプライズをした。

ルーニーとユナイテッドの大ファンだというジウェニさん。彼女は骨肉腫と診断されたことでサッカー選手になるという夢を諦めたそう。

『WUSA9』によれば、2017年に骨肉腫と診断された後、化学療法と人工膝関節の置換出術を受けるなどしてきたという。

ルーニーはそんな彼女をアトランタ・ユナイテッドとのMLS開幕戦に招待。さらに、今月30日にオールド・トラッフォードで行われるマンチェスター・ユナイテッド対ワトフォード戦のチケットも手渡した。

大好きなユナイテッドの試合を現地観戦できることになり、ジウェニさんは思わす涙…。

ルーニー

「日曜日、君にコイントスをしてもらうために試合に招待したい。

それから、君とお父さんに2枚のチケットと航空券を渡すよ。30日のマンチェスター・ユナイテッド戦を見るためのね」

ジウェニさん

「本当に信じられません。正直、言葉にすらできません。

ただただクレイジーです。一生に一度の経験みたいです」

【関連記事】恐ろしい怪我や病気から戻ってきた14名の選手たち

アイルランドで育ったという彼女は兄妹の影響でユナイテッドのファンになったそう。