今季からMLSのDCユナイテッドでプレーしている元イングランド代表ウェイン・ルーニー。

加入当初チームは最下位だったが、9月以降は「無敗」と見違えるような復調を見せ、プレーオフ進出まで掴み取ってしまった。

そうした中、ルーニーがNBCのテレビ番組『Men in Blazers』に出演。ある秘話を明かした。

DCユナイテッドと契約する際、遠征時のファーストクラス移動&プライベートホテルへの宿泊をオファーされていたもののそれを拒否。VIP待遇を自ら断っていたという。

ウェイン・ルーニー

「もしチームの一員になるつもりなら、チームの一部にならなければいけないよ。

全て同じことをする。特別扱いされたくはなかったんだ。選手として同じように扱ってほしかった。

自分はチームの一部さ」

MLSはレギュラーシーズンが残り1試合。それが終わるとプレーオフの戦いに移る。