リオネル・メッシに抜かれるまで、アルゼンチン代表の歴代史上最多スコアラーだったガブリエル・バティストゥータ。

中田英寿とともにローマでスクデット獲得に貢献した名ストライカーだ。だが、彼が最も長くプレーしたのは、フィオレンティーナ。

ガブリエル・バティストゥータ

実はその当時、レアル・マドリーなどからの移籍の誘いを断っていたという。『Marca』によれば、『America Business Forum』のインタビューでこう明かしたそう。

ガブリエル・バティストゥータ

「スターでいることを楽しんだことは一度もないね。

チームの中心になるとすぐにより重い責任を負うことになるからね」

「多くのオファーがあった。レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、ミランからね。

だが、フィオレンティーナで落ち着いてプレーするほうを好んだんだ」

「もしレアルに入っていれば、200ゴール以上は決めただろう。

だが、退屈になることは分かっていた。ミランでも同じことが起こっただろう。

私はメジャータイトルを勝ち取ることはなかったが、自分のことを勝者だと思っている。

フィオレンティーナが大物たちと競い合うことを手助けしたからね」

【関連記事】 「NEXTマラドーナと期待された10人の天才のその後」

ヴィオラ愛を貫いたのが理由かと思いきや、メガクラブにそれほど興味がなかったということだろうか。