アーセナルが保有するポーランド人MF兼DFクリスティアン・ビエリク。21歳になった彼は今季3部チャールトンに貸し出されている。

だが、リーグ第29節アクリントン・スタンリー戦で思わぬアクシデントに見舞われていた。

チャールトンのホームであるザ・バレーで行われた一戦では両チームに退場者が出るも、スコアレスのまま後半アディショナルタイムに突入。迎えた93分、チャールトンがPKで決勝点を奪った直後に…。

チャールトン選手たちが歓喜に沸くなか、ピッチ上に乱入したファンのひとりが転倒。ビエリクの膝にスライディングタックルを食らわす形になってしまったのだ…。

これは地元の写真家が撮影したその瞬間の様子。

故意的ではなかったとはいえ、あわや大怪我という惨いシーンだった。ただ、ビエリクの怪我については伝えられていないため、幸いも大事に至らずに済んだようだ。

1-0で勝利したチャールトンは現在4位。チームを率いているのは、あのリー・ボウヤーだ。

42歳になった新人指揮官は「私の18~20年のキャリアでも滅多にない勝ちへの意思がある」とチームの雰囲気に手応えを感じているようだった。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら