2018年の明治安田生命J2リーグは15位に終わったファジアーノ岡山。

シーズン序盤は堅守を武器に上位を維持したが、7月前後から黒星が目立ち始めると順位も後退。最終的には2017年の13位を下回る結果に。失点数は前年より減少したが、シーズンを通して39得点は全22チーム中19番目という少なさ。得点力不足が大きな課題として、重くのしかかったシーズンだった。

その岡山が4日、新シーズンに向けたユニフォームとスポンサーを発表した。サプライヤーはPenaltyで継続となる。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Fagiano Okayama 2019 Penalty Home

J2 ファジアーノ岡山 2019 Penalty ユニフォーム

NEWホームキットは、ファジアーノレッドとネイビーのライングラデーションで融合する5本のストライプを配置し、「躍動と調和」「スピーディーな攻守の切替」を表現。垂直と水平のストライプを重ねたデザインが印象に残る。

J2 ファジアーノ岡山 2019 Penalty ユニフォーム

背面はストライプをカットし、ネームナンバーのスペースを設ける。画像を見る限り、背番号のフォントスタイルに変更は無い様子。ただし柄模様は2018年モデルとは異なるようだ。

J2 ファジアーノ岡山 2019 Penalty ユニフォーム

コンプリートルックはこのような感じで、全体的な印象は2018年モデルと変わらない。ソックスは、よりネイビーが強調されている。