高校年代の頂点を争う高円宮杯U-18プレミアリーグ。その東地区に当たるEASTにおいて、青森山田高校は今年も上位争いを繰り広げた。

最終的に鹿島アントラーズユースに次ぐ2位に終わったものの、4年連続で3位以内に入ったチームはWESTも含めて彼らのみ。Jユース顔負けの安定感を見せている。

当然有力選手も多く、2019年はDF三國ケネディエブス(アビスパ福岡)、MF檀崎竜孔(北海道コンサドーレ札幌)のJリーグ入りが内定している。

そんな青森山田の新ユニフォームが登場した。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Aomori Yamada 2019 bonera Home

青森山田 2019 ボネーラ ユニフォーム

サプライヤーは引き続きbonera(ボネーラ)。ホームは、グリーンを基調にオレンジとホワイトを取り入れたお馴染みの「青森山田カラー」が印象的なデザインだ。

昨年採用したバイアスのストライプ柄を継続しているが、より明るいカラーで濃淡もはっきりとしており、青森山田らしいスピード感を表現している。

青森山田 2019 ボネーラ ユニフォーム

背面も特徴的。今年はパンツにストライプが追加されているため、ピッチでどのように見えるか楽しみである。