2018年もそろそろ終わりに近づき、各リーグがウィンターブレイクに入ってきた。

そこで今回は7月1日から現在までの間で最も市場価値を上昇させたFWのTOP10ランキングをまとめてみた。データは「Transfermarkt」のものを使用している。

10位:セバスティアン・アレル(フランクフルト)

  • 2018年7月1日時の価値:1200万ユーロ(15.4億円)
  • 上昇値:2300万ユーロ(29.6億円)
  • 現在の価値:3500万ユーロ(45億円)
  • 上昇率:2.92倍
セバスティアン・アレル

8位:パコ・アルカセル(ドルトムント)

  • 2018年7月1日時の価値:1500万ユーロ(19.3億円)
  • 上昇値:2500万ユーロ(32.1億円)
  • 現在の価値:4000万ユーロ(51.4億円)
  • 上昇率:2.67倍
パコ・アルカセル

ドイツで活躍する2名だ。セバスティアン・アレルはフランスでそれほど才能に見合ったプレーができなかったが、オランダでブレイクし、そしてドイツで実力を証明。まだ24歳と若くこれからが期待できそう。

そして今季前半戦の超サプライズといえばパコ・アルカセル。12試合で12点、しかも500分あまりしかプレーしていないというのだから、もはや驚き以外の何物でもない。