『Squawka』は21日、「欧州で最も左右両足でゴールを決められる選手TOP10」という記事を掲載した。

なお、このランキングは2014-15シーズン以来5大リーグで10ゴール以上を決めた選手が対象となっており、21日時点でのデータで計算されているのでご注意を。

10:ドゥバン・サパタ(アタランタ)

2014-15シーズン以来のゴール数:41

右足:21回(67.7%)

左足:10回(32.3%)

ドゥバン・サパタ

9位:クリスティアン・エリクセン(トッテナム)

2014-15シーズン以来のゴール数:35

右足:21回(61.8%)

左足:13回(38.2%)

クリスティアン・エリクセン

コロンビア代表のサパタが10位。ヘディングでも10ゴールというのも面白いところだ。エリクセンは2016-17シーズンに左足の方が得点数が多かったという記録も。