『Squawka』は9日、「今年のプレミアリーグであまり意味をなさなかった10の補強」という記事を掲載した。

このところ経済的に成長を遂げてきたプレミアリーグ。以前では考えられないような額のお金が動くようになっており、平凡な選手の価格もかなり高まっている。

2018年に行われた取引の中で、最も無意味になってしまったものとは?

10:エメルソン・パウミエリ(ローマ→チェルシー)

移籍金:1760万ポンド(およそ25.53億円)

アントニオ・コンテ監督の下で動いていたチェルシーの問題の一つは、ウイングバックの層の薄さだった。1月に彼を獲得したことに意味はあったかもしれないが、結局マルコス・アロンソにバックアップなど必要なかった。

9:フレッジ(シャフタール→マンチェスター・ユナイテッド)

移籍金:5200万ポンド(およそ75.43億円)

夏のマーケットでフレッジを獲得できたことはファンにとって喜びだったが、その試合出場時間は悩ましいところだ。クラブの調子も悪く、この投資が生きるかどうかは時間を見なければならなくなっている。