イングランド・プレミアリーグのアーセナルは、「MFヘンリフ・ムヒタリャンが右足中足骨を骨折した」と公式発表した。

19日に行われたEFLカップのトッテナム・ホットスパー戦で先発出場していたムヒタリャンは、ハーフタイムにコシェルニと交代となっていた。

その後のバーンリー戦には欠場していたが、彼は現在中足骨に骨折を抱えていることから、6週間の離脱を余儀なくされることとなったという。

本格的な復帰は2月上旬になり、ブライトン戦、リヴァプール戦、フラム戦、ブラックプール戦、ウェストハム戦、チェルシー戦、カーディフ戦、おそらくマンチェスター・シティ戦も出場は不可能だろうと考えられている。