7日、Jリーグから「2018Jリーグ優秀選手賞」30名が発表された。

Jリーグアウォーズでは、これらの30名の中から最優秀選手賞とベストイレブンが発表されることになるが、それに先立って今回は2018年の最優秀選手賞筆頭候補を紹介する。

この1年最も活躍した選手は誰か。優勝チームの中から選出されやすいという点を加味して予想した。

中村憲剛(川崎フロンターレ)

中村憲剛

川崎のバンディエラは38歳を迎えたシーズンも輝きを放った。

J1初タイトルを手にした昨シーズンに続いて今シーズンもキャンプから好調を維持し、リーグ戦33試合に出場。開幕戦の先制弾でチームに勢いをもたらすと、シーズンを通して昨年と並ぶ6得点を記録し、チームを連覇に導いた。

コンディションを考慮して夏場に出場時間をセーブしたため、終盤戦もキレをキープ。プレー自体には衰えが全く見られず、一撃必殺のスルーパスも健在で、チームの中心であり続けた。

試合の状況を読んだゲームコントロールは円熟味を増しており、今後の日本代表を支える存在である大島僚太や守田英正の良い手本となっている。

今年の最優秀選手賞を獲得すれば2年ぶり2回目の受賞となり、通算2度の受賞は2013年の中村俊輔以来となる史上2人目ということになる。