12月でクラブ創設125周年を迎えたシュトゥットガルトは、それを記念した特別ユニフォームを発表した。

クラブは1893年12月9日に誕生。今回のデザインは、125年前のクラブ創設当時に着ていたユニフォームを再現している。

この超レトロなデザインのキットは単なる記念グッズではなく、22日に行われる年内最終戦のホームゲーム(対シャルケ戦)で実際に着用する。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

VfB Stuttgart 2018-19 Puma 125 Anniversary

シュトゥットガルト 2018-19 Puma 125周年記念 ユニフォーム

胸元が編上げスタイルのクラシックなデザインが登場した。メーカーロゴ、スポンサーロゴはすべてホワイトで彩り、目立たない仕様。前面中央には初代チームエンブレムを配置し、メインスポンサー「Mercedes-Benz Bank」のロゴは左胸に位置を変えている。メーカーロゴも注目点で、懐かしい旧ブランドロゴが使われている。

シュトゥットガルト 2018-19 Puma 125周年記念 ユニフォーム

1893年にFVシュトゥットガルトが誕生。その後、他のクラブを吸収合併して1912年に現在のVfBシュトゥットガルトとなる。エンブレムのユニークな図柄は“鹿の角”で、現在のエンブレムにも受け継がれている。

シュトゥットガルト 2018-19 Puma 125周年記念 ユニフォーム

クラブ創設当時の写真と見比べると、記念ユニフォームがある程度忠実に再現されていることが分かる。

シュトゥットガルト 2018-19 Puma 125周年記念 ユニフォーム

コンプリートルックはこんな感じに。ソックスはおそらくアウェイキット用を流用している。