2018年の明治安田生命J1リーグを18位で終えて、昇格から1年でJ2への降格が決まったV・ファーレン長崎。

今季は開幕直後から6戦未勝利という苦しいスタート。一時は連勝で9位にまで上昇したが、その良い流れを継続できなかった。結果として、チームを6年間率いた高木琢也監督は退任となり、後任に手倉森誠氏の監督就任が決定。チームは新体制でJ1復帰を目指す。

その長崎は9日、新シーズンに向けた新しいユニフォームを発表。デザインは2018年に引き続き、「岡本一宣デザイン事務所」が担当した。

今回のデザインを決定するにあたり、キットサプライヤーのHummelは8月に、3種類のデザインを候補に挙げてファン投票を実施。選手、監督、コーチによる投票結果も踏まえて、最終的に2019年モデルが完成となった。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

V-Varen Nagasaki 2019 hummel Home

V・ファーレン長崎 2019 hummel ユニフォーム

ホームキットのデザインには、世界遺産に認定された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を反映している。ブルーとオレンジのチームカラーをメインに、大浦天主堂のステンドグラスを模した幾何学的なデザインで、教会で感じるような荘厳な雰囲気を再現。心に深く残るユニフォームが誕生した。

胸には「株式会社ジャパネットホールディングス」、鎖骨スポンサーは「株式会社リンガーハット」と「株式会社メモリード」の各スポンサーロゴを掲出する。

V・ファーレン長崎 2019 hummel ユニフォーム

腰には「株式会社五島の椿」のスポンサーロゴを掲出。そして肩には「Unicef」のロゴを無償で掲出し、サッカーを通して長崎から平和の想いを発信。クラブの親会社である(株)ジャパネットホールディングスは、2018年より3年間で1億円の寄付を目指している。

V・ファーレン長崎 2019 hummel ユニフォーム

肩にはクラブのグランドスローガンである「正々道々~ナガサキから、世界へ~」をプリントする。

V・ファーレン長崎 2019 hummel ユニフォーム

コンプリートルックはこんな感じで、パンツとソックスはブルーを基調とする。