オランダを拠点とするフットボールブランドのCOPAは10月31日、チベット代表の新しいユニフォームとチームウェアを発表した。

チベット亡命政府は国家として認められていないため、チベットサッカー協会も国際サッカー連盟(FIFA)へは非加盟。そんな中でも代表チームは、数こそ少ないが親善試合を行い、国際大会にも出場している。

そんなチベット代表のユニフォームは、世界的に人気が高かった2001年と2006年のHummel製を経て、2011年よりCOPAが担当している。

今回リリースの2018年モデルは、実に7年ぶりの新作。今年5月から6月にかけて開催されたFIFA非加盟チームによる世界大会「2018 CONIFAワールドフットボールカップ」で初披露され、ユニフォームファンの間では正式リリースを期待されていた。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Tibet 2018 COPA Home

チベット代表 2018 COPA ユニフォーム

7年ぶりとなるNEWホームキット。デザインは2011年モデルと同様に雪山獅子旗(チベット亡命政府旗)のデザインをベースとし、キットカラーも旗の色に準ずる。交互に並ぶ「赤と青の光線」は、雪山獅子旗ではチベットの守護神に護られていることを表す。

チベット代表 2018 COPA ユニフォーム

シャツ全体に細かな模様の透かしプリントを施している。この模様は「吉祥格子(べルべウ)」といい、“終わりのない愛と調和、広大無辺な慈悲の教え”を意味する。

チベット代表 2018 COPA ユニフォーム

現在のエンブレムはTNSA(チベット国立体育協会)のものだが、Hummel時代はデザインが異なるTNFA(チベットサッカー協会)のエンブレムを付けていた。右袖には雪山獅子旗を装着。

チベット代表 2018 COPA ユニフォーム

コンプリートルックはこんな感じで、パンツとソックスは基本的にホワイトを着用する。