『Evening Standard』は31日、「FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は、2022年ワールドカップを48チームで開催できると話した」と報じた。

FIFAはアメリカ、カナダ、メキシコ共催となる2026年のワールドカップから48チーム制にすることを公式発表している。

しかし、それに加えて2022年のカタール大会でも48チーム開催が可能かどうかを探っている状況にあると言われる。

ジャンニ・インファンティーノ会長は、AFCの年次会合で以下のように話し、カタール大会でやれない理由はないと語ったという。

ジャンニ・インファンティーノ

「我々はワールドカップの本大会を32チームから48チームに拡大することを決断した。そして、それは2026年に行われる。

それが2022年に行われない理由はない。我々はそれを探っている。可能なのであれば、なぜやってはいけないのか?

実現可能なのかどうかを見なければならない。我々はカタールの友人たちと会談を続けている。可能であることを願っている。

もしそうでなくても、トライはしてきた。常にいい方法でやろうと試みることは、常にやらなければならないものだ」

なお、インファンティーノ氏は現在毎年12月に行われているクラブワールドカップの拡大についても積極的な姿勢を見せ、「本当の競争を作りたい」と宣言したとのこと。