チェルシーに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガス。

『Marca』のインタビューで、様々な事柄について語った。古巣アーセナルの復帰については、こんな発言を…。

セスク・ファブレガス(チェルシーMF)

「(ーいつの日かアーセナルに戻る自分自身を描いている?)

もちろん、アーセナルは常に僕の心にあるよ。

決して忘れることはないはずさ。なので、なぜ復帰がありえないのか。

どうなるかは分からないけどね」

今年で31歳になったセスク。チェルシーとの契約は来夏まであるが、マウリツィオ・サッリ監督のもとでは出場が激減している。本人は古巣復帰の可能性を排除しなかったようだが…。