かつて内田篤人もプレーしたドイツ2部のウニオン・ベルリン。同チームのGKが先週末のドイツで大きな話題になった。

第10節ハイデンハイム戦の後半アディショナルタイムに劇的な同点ゴールを決めたのだ!

相手をしっかり抑えてヘディングを決めたのは、ポーランド人GKラファウ・ギキエヴィチ。最初のシーンで危うくオフサイドになりかけていたが…。

30歳の守護神が決めた劇的弾によって1-1の引き分けに持ち込んだウニオン・ベルリンは勝点1をゲット。現在、リーグ2位につけている。

ウニオン・ベルリンGKギキエヴィチ

試合後には相手GKケヴィン・ミュラーと笑顔で談笑していたギキエヴィチ。『Bild』によれば、彼は中学生まではストライカーだったそう。

監督からはセンターラインにいろ!と命じられていたものの、それを振り切って前線に上がったとか。「家族が来てたんだ。見せ場だったよ」と喜びを語っていた。