プレミアリーグ第8節、マンチェスター・ユナイテッドはニューカッスル戦に3-2で逆転勝ちした。

ホームでのリーグ戦で初めて開始10分で2失点するという絶体絶命の展開だったが、後半に3点を奪取。ジョゼ・モウリーニョ監督はもし負ければ解任だったとも伝えられているが、何とか踏みとどまった。

ただ、試合後の発言が問題視されているようだ。『Sky Sports』では、FAが調査を始める見込みと伝えている。

モウリーニョはピッチを去る際、ポルトガル語で何かを口にしているのが映像に収められていた。調査によって侮辱的な発言だったことが判明した場合、ベンチ入り禁止処分が科される可能性がある。