かつてアヤックスやミランに所属した元オランダ代表DFウルビー・エマヌエルソン。32歳になった彼は現在ユトレヒトでプレーしている。

そのエマヌエルソンがミラン時代にあったズラタン・イブラヒモヴィッチとジェンナーロ・ガットゥーゾの話を明かした。『Voetbal International』のインタビューで笑いながらこう答えたのだ。

ウルビー・エマヌエルソン

「ロッカールームでは色んなパーソナリティを持った選手たちと一緒だった。そのなかでもズラタンが突出してるだろうね。主(ヌシ)だった」

「ガットゥーゾとイブラはふざけ合っていた。ガットゥーゾも相当なビッグマウスだったし、彼もかなり強かったと言わなければならないね」

「でも、(イブラはガットゥーゾを)持ち上げるとゴミ箱に投げ込んだんだよ(笑)」

「時に横柄だったけど、それが彼(イブラ)らしかった」

かつてチアゴ・シウヴァも同じような話をしており、この話はガチのようだ。