今夜、日本代表とコスタリカ代表の国際親善試合が行われる。

6日に北海道で発生した地震によりチリ代表との試合が中止されたため、この一戦が日本代表の森保一監督にとって初陣となる。

コスタリカはロシア大会にも出場した中米の強豪。試合前に、注目しておきたい選手を紹介しよう。

クリスティアン・ガンボア

クリスティアン・ガンボア

所属クラブ:セルティック(スコットランド)

抜群の脚力を生かした推進力のあるオーバーラップが魅力の右サイドバック。

2009年のU-20ワールドカップで4位に輝いた“黄金世代”のメンバーで、2014年ワールドカップでは同国の最高成績となる大会ベスト8に主力として貢献。ロシア大会でも特にブラジル戦で非常に印象的なプレーを見せた。

一方、それほどの実績を誇りながらクラブでは不思議なほど出場機会に恵まれていない。

2014年の大会後からイングランドのWBA、2016-17途中からはスコットランドの名門セルティックに在籍しているが、この4年間で出場したクラブの公式戦は約30試合!にもかかわらず代表には常時招集され、4年間で約40試合に出場している。

まるで「所属クラブ:コスタリカ代表」といった感じであるが、Jリーグのクラブはこういった選手を狙ってみるのも悪くないだろう。