『Stuff』は2日、「セントラルコースト・マリナーズのマイク・マルヴェイ監督は、ウサイン・ボルトが何に苦しんでいるかを明かした」と報じた。

昨年スプリンターを引退した「世界最速の男」ウサイン・ボルトは、今夏サッカー選手を夢見てオーストラリア・Aリーグのセントラルコースト・マリナーズに練習生として加入した。

先日行われた親善試合ではプロ選手として初のピッチに立ち、世界中から注目を集めたものの、結果を残すことは出来ず。

監督を務めているマイク・マルヴェイ氏は彼のプレーについて以下のように話し、まだ加速減速や方向転換が問題だと説明した。

マイク・マルヴェイ

「正直に言えば、ウサイン・ボルトはフィットしていない。

陸上競技のコーチは、加速させたり、減速させたり、様々な方向に転換するような運動を教えることはない。

しかし、そのような運動がフットボールには存在する。ボルトはそれに苦しんでいるのだ。

ただ、彼は間違いなく決意を持っている。我々は彼がここにいてくれることを喜んでいるよ。

そして、ボルトはこのチームの環境で役割を任されることを喜んでいる。

ポジティブな観点は、ネガティブな観点よりも遥かに重要だ」