『FourFourTwo』は「プレミアリーグのクラブがあまりにも高い移籍金を支払いすぎた選手たち」という記事を掲載した。

エリャキン・マンガラ(マンチェスター・シティ)

エリャキン・マンガラ(マンチェスター・シティ)

高額なディフェンダーの多くはマンチェスター・シティが獲得した選手だ。エリャキン・マンガラもその一人であり、FCポルトから獲得した際には4200万ポンド(およそ60.74億円)を支払った。

しかし4年間が経過した今、マンガラは信頼性の低いディフェンダーとしての評価を覆すことができていない。

バレンシアやエヴァートンにローン移籍したが、怪我も多い。すでにシティの最終ラインは埋まっており、退団する必要があるだろうが、それほど高くは売れまい。