昨年11月に行われたアルゼンチンとの親善試合で4-3と勝利を収めたナイジェリア代表。

そして先日行われたグループステージ第1節でアルゼンチンと戦い、1-1と引き分けたアイスランド代表。

南米の雄を苦しめたこの2チームが対決だ。どちらも決勝トーナメントに進出するためには、ここで勝点3が欲しいところ。

ナイジェリアとアイスランド、両チームの注目したい選手5名をピックアップしよう。

ウィルフレッド・エンディディ

ウィルフレッド・エンディディ

ナイジェリア代表
レスター・シティ所属
MF
No.4
1996年12月16日(21歳)

難敵クロアチア相手に勝点を落としてしまったナイジェリア。中盤のクオリティでは大きな差があったわけだが、それでもこのエンディディの活躍には期待したいのだ。

今世界でも最もパトリック・ヴィエラに近い選手であろう。この大柄な体格に、スピード、守備力、攻撃参加、そして技術を備えた男。

流石にモドリッチとラキティッチ相手には後手を踏んだが、アイスランド相手ならばより主導権が握れる。エンディディの攻守に渡る貢献が見られるだろう。

彼のパワフルで迫力あるプレーがあれば、ナイジェリアの中盤にダイナミズムが加わるはずだ。