2018年ワールドカップに向けた日本代表メンバー入りが期待される柏レイソルGK中村航輔。

先週末に行われたJ1第14節の川崎フロンターレ戦で、またもや凄いセービングをやってくれた!

※04:14から

1-1で迎えた83分、家長昭博の落としから中村憲剛が強烈なシュートを放つも、GK中村がこれに反応!必死に右手を伸ばし、このピンチを脱した。

柏のゴール前には選手が密集しており、ボールの軌道が見えづらかったはず…。それでも触れてしまうのは流石!ゴールを革新していたのか、川崎MF大島僚太は両手をあげ喜ぶ準備を見えていた。

中村の好セーブで危機を脱した柏だが、後半アディショナルタイムに失点し、1-2の敗戦。この試合の結果により下平隆宏監督の退任が決定になるなど、中村にとっては悔しい内容となった。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています