『Guardian』は14日、「トッテナム・ホットスパーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、デル・アリに必要なものについて話した」と報じた。

今年22歳となったデル・アリ。トッテナム加入後は活躍を続けてきたが、今季はやや低調な試合もあり、代表でもサブになることが多くなってきた。

しかしこのところは再び競争力を高めており、評価を取り戻しつつある状況だ。

ポチェッティーノ監督は彼について以下のように話し、デル・アリにはとにかく難しい状況を与えることが必要だと指摘した。

マウリシオ・ポチェッティーノ

「デル・アリは、自分のベストをぶつけなければならない相手を必要としているね。

これは彼の個性からだ。競争を好むんだ。簡単な状況に関心を持っていない男なんだよ。

相手がいない状況でシュート練習をする。そうすると、『ちょっと来いデル。君は点を取る力があるはずだ』と言わなければならない時がある。

しかし、対戦相手を置いたら彼はゴールを決める。しかも信じられないようなゴールをだ。

彼はすこし特別だ。スペシャルなタレントというだけではなく、スペシャルな個性がある。

だからこそ、我々はデル・アリのことをずっと話しているんだ。シーズンを通してね。

デルは特別なエネルギーを持っている。そして、競争を感じることが必要なんだ」