今週、大きな話題となった日本代表監督ヴァヒド・ハリルホジッチ氏の電撃解任。

14日(土)にTBS系列で放送された『新・情報7days ニュースキャスター』でも、この話題が取り上げられていた。

メインキャスターを務めるビートたけし氏は、解任によってハリルホジッチ氏との対談企画がご破算になったことを暴露。そのうえで、電撃解任劇については、こう持論を展開した。

ビートたけし氏

「日本のサッカー協会はね、1次リーグ突破できないと踏んでね、早めにねクビにしてね、次の人に(して)、遅れた(?)ってね、弁解しようとしてんじゃないの。

そういうこと言うと、また怒られちゃうか。

すごい作戦、練ったんじゃないの。

決勝トーナメント出るにはキツすぎるよ、相手。

早めに諦めて、この人諦めて、だから突破できなかったんだって、エクスキューズにしようとしたんじゃないの」

コロンビア、セネガル、ポーランドと対峙するグループステージ突破はかなり厳しいという見解も持っているようだ。