ズラタン・イブラヒモヴィッチが電撃移籍したMLS。

今季の各チームのユニフォームに、気になる“発見”があった。

これは昨季まで小林大悟が所属していたニューイングランド・レボリューションの2018年新ユニフォームだ。注目はソックス。足先部分がないのだ。

MLSはリーグと包括契約を結ぶadidasが全チームのキット類を手掛けている。

イブラが加入したLAギャラクシーやコロンバス・クルー、ニューヨーク・レッドブルズの新ユニフォームも同様の仕様になっている。

LAギャラクシーの2018年ユニフォーム


2018年コロンバス・クルーユニフォーム

2018年NYレッドブルズユニフォーム

実は昨季のMLSで、ソックスを巡るある事件があった。