Jリーグチームのキャンプ地として年々存在感を増している沖縄。

今年からは、元日本代表FW高原直泰が代表兼監督兼選手を務める「沖縄SV」が「JALJTAセールス」と一緒に、沖縄県より「沖縄県サッカーキャンプ誘致戦略推進事業」を受託し、全体のコーディネートを担当している。

そうしたなかで、沖縄SVは高原が各チームの選手に会いに行くというスペシャルな企画を実施!

第1弾として、ヴィッセル神戸FWルーカス・ポドルスキとの特別対談がWeb上で公開されている。

高原直泰×ポドルスキ

沖縄キャンプでは、初日からホテルの雰囲気やグラウンドを管理してくれる人たちに対し、すごく良い印象を持ったというポドルスキ。充実したキャンプが送れているのはそうした人たちのおかげだということを忘れてはいけないと語り、さらにこう続けた。

「ピッチに出ている11人だけでなく、コーチやキットマン、それ以外の雑用をやってくれている人など、すべての人のおかげで自分たちがプレーできていることを常に意識しながらやっていきたいと思っているし、そうあるべきだと考えている」

だからこそ、地元の人たちとの交流なども非常に大事にしているようだ。

対談では他にも、今シーズンから務めるキャプテンについて、外国人選手としての心構えや“立ち位置”を感じさせる言葉が飛び出したほか、最後にはとびっきりの笑顔を見せる場面も!

対談本編は沖縄SVの『FRESH!』公式チャンネルで。

⇒【スペシャル対談】沖縄SV 高原 直泰×ヴィッセル神戸 ポドルスキー | FRESH!(フレッシュ)