フランチェスコ・トッティのローマにおけるラストシーズンにもなった2016-17シーズン。チームの年間最優秀選手に選ばれたのは、ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランだった。

その彼が今季最も手強かった対戦相手を明かしてくれた。

ラジャ・ナインゴラン(ローマMF)

「今季最もタフだった相手選手だって?

そうだな、ナポリのジョルジーニョは難しい相手だった。とはいえ、それは想像しているようなものではないよ。

彼は常にタイトにプレーする、1メートルのパスだね。捕まえたり、邪魔したりするのが難しいんだよ。

そして、こちらが疲れてしまう。常にボールを速く動かすからね。彼自身は動くことなく。

彼に対して俺が滅茶苦茶困っているということではない。

でも、ボールに追いついて彼がやろうとしてることを妨害するために、多くのエネルギーを消費させられるんだよ。

それが時にとても難しいのさ」

ナインゴランにここまで言わせるとは…。そのジョルジーニョことジョルジェ・ルイズ・フレッロ・フィリョは、ナポリに所属するMF。

ジョルジーニョことジョルジェ・ルイズ・フレッロ・フィリョ

1991年生まれの25歳で、ブラジル生まれながらイタリア代表に転向した選手だ。攻守に精力的なプレーを見せられるMFで、水準以上のボールスキルや展開力だけでなく、バロテッリやピルロを封じるなど守備能力も評価されている。