ローマとベルギー代表に欠かせぬ戦力となっているラジャ・ナインゴラン。

バッタク族の血を引く彼は個性的なタトゥーのほか、喫煙者としても知られている。

『Dailymail』によれば、喫煙についてこう語ったという。

ラジャ・ナインゴラン

「恥じてはいないよ。自分はタバコを吸うし、この習慣を隠したことは一度もないからね。

いいお手本になるべきだというのは分かっている。子供もいるしね…。

でも、俺は単なるフットボーラーだし、自分の仕事はやってる。

俺がタバコを吸うことは皆知っているし、隠せない。でも恥ずかしくはないね」