23日、インターネットではこのような映像が出回っていた。

ベルギー代表チームが部屋で試合を見ているところの映像であるが、ラジャ・ナインゴランがタバコの箱を振っていた。

当然ながら彼に対しては喫煙しているのではないかという指摘が寄せられ、大きな話題になっていた。

『Sporza』のインタビューに答えたマルク・ウィルモッツ監督は以下のように話し、ラジャ・ナインゴランの喫煙を認めつつ、それは個人の自由だと語った。

マルク・ウィルモッツ

「ああ、ラジャはタバコを吸うよ。それは習慣だし、フランスとイタリアでは多くの人々がやっていることだ。

私はそれを止めることはない。もしそれを彼が必要としていればね。私はこのような問題に対してフレキシブルだ。彼の体のことだからね。

常に彼はバルコニー付きの部屋をとっていることは知っている。したがって、煙検知器をオフにする必要はないね。

ベルギー代表チームでタバコを吸うのは彼だけだと思う。

その問題は彼だけのものだ。35歳ではなく、たとえ30歳で引退することになったとしてもね」